運営者紹介

経歴

出産を機に、勤務していた病院事務を辞め、初の専業主婦を経験。3年後、社会復帰。仕事と家事・育児の両立という課題の中、事務職や営業職などを経験。

 

2001年、関心があったWebデザインの講座を受ける。描いた絵を自作のホームページ(現存しません)に展示したことがきっかけで、思いがけずイラスト制作やWebデザインの仕事が入るようになる。2002年に在宅ワーカーになる。

 

自分の作品で笑顔になる方がいらっしゃるなら!という思いで創作活動中。

2016年の熊本地震を体験し、さらに思いが強くなる。

 


 

竹田智子/chico

竹田智子(通称・chico)

   

 


 

私がこのホームページを作った理由

笑顔を届けたい

2011年5月。私は入院生活を送っていました。自分のことすら満足にできず、自分が無用な存在に思えて空しかったことを覚えています。

 

少し落ち着いた頃、何もすることがなく病室のベッドで絵を描いていました。

 

その時、私の足の手術を担当した女医さんと看護師さんが、病室に入ってくるなり口にしました。

 

「わぁ! 癒される~。なんか疲れが吹き飛んだ~」

アトリエ絵くぼ・入院中12色の色鉛筆で描いた絵
入院中、売店で買った12色の色鉛筆で描いた絵

ホッとする。

癒される。

優しい絵だね。

 

 

これまでも私の絵を見てそう言ってくださる方はいらっしゃいました。

 

 

でも、その時の女医さんと看護師さんの言葉が、いつもに増して、ストレートに私の心に入ってきたんです。きっと自分のことすら何もできなくて凹んでいたからだと思います。

 

 

一人でも、私の絵で笑顔になる人がいるならば…

 

 

これがこのホームページを作った理由です。

アトリエ絵くぼの色鉛筆画

 


 

おまけ

 

2006年に、当時お世話になっていた情報誌の取材を受けました。

その時に書いていただいた記事は、私が説明するより的確な説明で、さすがライターさん! と感動したことを今でも覚えています。モンチッチみたいな頭はご愛敬ということで(苦笑)