サラサフレーム講座

サラサフレームはAタイプとSタイプがあります

 

どちらを受けることもできますし、どちらか片方だけでも大丈夫。お好みでどうぞ♪

 

サラサフレームA

サラサフレームA講座
  • 薄手で比較的簡単に制作できる額
  • 制作時間は2点で3時間~4時間位

サラサフレームS

サラサフレームS講座
  • 厚手で本格的な額
  • 制作時間は2点で4時間半~5時間位

こんな方にお勧めします♪

  • なかなか自分の思うような額縁が見つからない
  • もっと手軽に額を手に入れたい
  • 自分の作品に合わせて額を作ってみたい
  • 友人・知人に気軽にプレゼントしたい
  • ハンドメイドショップをしているけれど、創作の幅を広げたい(ティーチャー認定者)
  • お教室を運営しているが、新しい講座を取り入れたい(ティーチャー認定者)

 

ティーチャーになると
  • 講座を開講できます
  • 額の販売ができます
  • 考案された森川友子さんのブログなどで紹介していただけます(希望者)
  • 森川友子さんから、電子版解説書(注1)もいただけます。(パソコンがない方には別の形でフォローされています)

注1)電子版解説書とは、額の大きさ・絵の大きさ・絵を見せる窓の寸法を入力することで、 額の作成にかかわるすべての寸法を自動的に算出するエクセルシートのことで、好きなサイズの額を作ることができて大変便利です

 

ティーチャーをご希望の方は、サラサフレームを考案された森川友子さんに直接申請していただくことになります。詳細は森川友子さんのホームページをご覧ください。

サラサフレームと出合えて楽しみが増えました

私は絵を描きます。サイズにこだわらず自由に描くので、いざ額装しようとすると専門店にオーダーすることになります。時としてそれが億劫になることもありました。

 

パステル和アートを習い、正方形の絵を描くようになり、フレーム探しがさらに難しくなりました。お金をかければいいというものではないですからね。

 

皆が気軽に絵を飾ることができたらいいのに…

 

そんな悩みの中、森川友子さんのサラサフレームに出合いました。作品に合わせて自分で額を作ることができるなんて、と感動しました。

 

 

「サラサという言葉からイメージされるような、素朴な材料で創る額です。厚紙、和紙など、ほとんど100円ショップで揃うような材料を使いますが、手のかけ方によって、額自体がアートと呼べるようなものが出来ます。機能性を重視し、構造に特徴があって、絵がぴったりと気持ち良く収まりますし、差し替えも容易です。」

 

森川友子さんのホームページより~