· 

原画の販売を始めます

蓮の花と妖精

今月、長年の夢だった「卓上カレンダー」を販売することができました。

皆様からの温かい声と共に、ご注文をいただき、心から感謝しています。

 

そんな中、カレンダーに使った線画に、色を付けて売って欲しいという声をいくつかいただきました。

上のイラストは、8月のカレンダーの蓮の花と妖精の線画に着色したものです。

 

もともと、イラストをポストカード用に加工していましたが、今後は加工したものではなく原画の販売をしようと思います。

(額装せず、原画のみのお渡しにします)

熊本地震で価値観が変わりました。

今年の4月、私は熊本地震を体験しました。

死を身近に感じた瞬間でもありました。

そして、大切なものが何なのか、明確になりました。

 

いつか着るだろうととっていた服を処分しました。

玄関の飾りなども最小限にしました。

なくても差し障りのないものはどんどん整理していきました。

蓮の花と妖精の線画と色鉛筆画

いつか何かのためにと、保管してきた原画。額に入れることもなく書棚でファイリングされてきました。

 

 

もちろん、心を込めて描いた絵なので処分できません。でも、その絵が欲しいという方が一人でもいらっしゃるのであれば、私の書棚で眠っているより、その方のところに行った方がどれだけいいでしょう?

 

この思いも、もしかしたら独りよがりなのかもしれませんが、迷わず行動します。だれも明日のことはわからないのだから…

 

 

追記

この蓮の花と妖精は、今日、私の元を離れました。

改めて、きっかけをありがとうございました。